食事の偏りを調整するダイエット

私が挑戦して良い効果が得られたダイエットに、食事のバランス調整ダイエットがあります。
これは、いつも食べている食事の偏りを修正する簡単なダイエットとなります。

一時的に、ファストフードにハマったり、美味しいスイーツのお店に通うようになったり、または健康に良いからとスムージーを飲むような習慣になったりと、数週間ごとに興味のある食事習慣に切り替わったりしていると、なかなか体重は減少しません。
それは、体に必要なビタミン類やミネラル成分が偏ってしまう事、あるいは摂取過多の状態になり余分な脂質が多くなりすぎたりと、食事の栄養分のバランスが崩れると体に負担をかけてしまいます。

食事の偏りを調整する方法

基本となるのは、朝食にヨーグルトを食べる習慣です。
トッピングするのはバナナやキウイ、リンゴ、イチゴ等。
穀物類を確保する為にシロップコーティングが少なめのグラノーラ、またはミューズリー、オールブランが最適です。

昼食は野菜炒めなどの食事で、500キロカロリー以内のサラダのついた弁当にします。
ブロッコリーやアスパラガス、大豆食品等をトッピングした和食の弁当が最適です。
健康志向の弁当屋さんがない場合は自炊して、緑黄色野菜のバランスと、全体のカロリー量を守る食事とします。

そして、夕食にはサラダボウル(中サイズ)の季節のサラダを食べます。
ハンバーグ定食や焼肉を食べても良しとしますが、500キロカロリー以内に抑える事にします。
夕食後は何も間食をせずに早めに就寝することにします。

やっていることは、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEの摂取量をキープして新陳代謝を上げることです。
そして好きな食べ物を食べても一日の総カロリーの上限を超えなければ、体重は減少していきます。

気にしてることは、ビタミン類が豊富で低カロリーとなる酵素ドリンクや、置き換えダイエットの雑炊メニューやクッキーなど、市販のダイエット食品は食べないようにすることです。

自分で調達した食材か、健康志向のお店で販売されているビタミンを調整した弁当のみを食べます。
この食事習慣で体に必要なビタミン類をキープできれば、体の基礎代謝が高まり、脂肪が燃焼しやすい状態となります。

食事の偏りを調整した結果

このスタイルに切り替えてから、3年で7キロ減少しました。
ダイエットのペースとしては遅い方ですが、好きなメニューを食べながらのダイエットなのでストレスが溜まりにくいため楽に体重が落とせます。

最後に、これから食事の偏りを調整ダイエットを始める方へ。

ただ、唯一のデメリットは雑誌で見るような人気のレストランの食事を制限することや、お酒も制限する必要があることです。